敏感肌さんにおすすめのクレンジングランキング

敏感肌さんにおすすめのクレンジングランキング

しっかりメイクオフ&潤いを実現した、敏感肌向けクレンジングはコレ!

第2位 マナラホットクレンジングゲル 使用感★★★★★、肌への優しさ★★★★、価格★★★★、3,990円/2ヶ月分、1ヶ月あたり1,995円 もっと詳しく
第1位 花綸肌潤 使用感★★★★★、肌への優しさ★★★★★、価格★★★★、3,990円/2ヶ月分、1ヶ月あたり1,995円 もっと詳しく
第3位 D.U.O ザ クレンジングバーム 使用感★★★★、肌への優しさ★★★★、価格★★★、3,780円/使用目安は不明 もっと詳しく
HOME » クレンジングの知識【敏感肌さん編】 » 敏感肌にあわせたクレンジングを選ぶには

敏感肌にあわせたクレンジングを選ぶには

ここでは、肌にいいクレンジングの選び方について紹介しています。

ダブル洗顔要らずが基本

肌しっとり

トラブル知らずのクレンジングは、「皮脂など、必要な成分を落としすぎない事」と紹介しました。では、どういったクレンジングを選べば良いのでしょうか。

まず、敏感肌さんはお肌に負担をかけるメイクを避けた方が良いということ。ナチュラルなメイクであれば、お肌に優しく適度な洗浄力のクレンジング剤でも簡単にメイクを落とすことができます。

よく落ちるクレンジング剤には、敏感肌さんの肌には大敵の「界面活性剤」がたくさん配合されています。そのため、ウォータープルーフのマスカラもスッキリきれいに落とすことができるのです。

しかし、それほどの洗浄力のあるもので毎日お肌をこすっていたら、当然肌にも悪影響。さらに、洗顔料を使ってたっぷりの泡で洗顔をすることは、過剰なスキンケアだといえます。

肌は弱いけど濃いメイクがしたいという方は、ポイントメイクをしっかり。さらに、ポイントメイク用のリムーバーを使うのがオススメ。そして、W洗顔不要のメイク落としを使うのが良いでしょう。

洗いすぎないのがクレンジングの基本なのですから、わざわざW洗顔のものを買う必要はありません。また、こすり過ぎを防ぐために、コットンによる拭き取りクレンジングも避けた方がよいでしょう。

敏感肌さんのクレンジング選びの1番のポイントは、「過剰なケアを避け、シンプルに」ということなんですね。

成分表もチェックを

強いクレンジングや安いクレンジングには、肌に悪いさまざまな成分が含まれています。こうした成分は、トラブルの原因となるので避ける様にしましょう。

  • 界面活性剤
    石油系合成界面活性剤は強い洗浄力があって、メイク汚れだけでなく角質を傷つけてしまう恐れがあります。
  • 香料
    一つの香りを作るために、100種類以上の化学物質が使われることもあります。良い香り=化学物質の可能性もあることを考慮しましょう。
  • 着色料
    アレルギーの原因となる事があります。
  • パラベン類
    安全性の高い防腐剤とも言われていますが、敏感肌の人が使うと、乾燥しやすい、肌荒れの原因となる、かゆみを引き起こすといった報告がされています。
  • 鉱物油
    肌に残ったまま紫外線にあたると、トラブルの原因になると言われています